タイは初めて・・・英語はちょっと苦手という女子にオススメなのがVanilla Spa。日本人も多いスクンビットエリアにあり、プロムポン駅から5分もかからない立地と日本人スタッフが常駐しているという便利さもオススメする理由の一つです。

massage

良心的なお値段だから何度も足を運べる

ホテルや一軒家のスパに比べるとカジュアルなお手軽スパですが、日本人駐在員の奥様達にも人気のようです。「今日は予約なしなんですが…」とスタッフに説明している数名の日本人駐在員妻と思われる方の姿も。リピーターも多いお店なんですね。

Vanilla Spa

Photo by バンコクスパ「バニラ」

バンコク・スパのリラックセション&ウェルネスコンプレックス「バニラ」は最も豪華な雰囲気の中で、タイ式マッサージ、フットマッサージ、フェイシャルトリートメントなどご提供致します。

出展:バンコクスパ「バニラ」

 

お得なプロモーション

2回目の訪問。今回はホームページでお得な情報をチェック!毎月プロモーションパッケージのメニューは変わるようです。HPで詳細を確認して下さいね。

朝バンコク着で空港から直行可能!嬉しい早朝プラン(THB 2,900/人)がモニターツアーで2人目が無料!

私達は幾つかあるメニューの中から、Sweet Package One (1,100バーツ≒3,500円で足裏マッサージ60分+オーガニックアロママッサージ60分の計2時間)をチョイス。事前にメールで予約しておきました(日本語OK)。

 

IMG_0208

 

因みに、2016年3月時点では、2人以上で予約すると更に一人当たり50バーツ割引=1,050バーツ(約3,300円)+人気のKing Islandのカラメルコーティングしたココナツチップのプレゼントがもらえちゃいました。(スーパーでは、25バーツ≒80円で売っていましたよ。)

癒しのオーガニックアロママッサージは2人用の個室で

10時開店と同時に、店の外で待っていた他の数名のお客様と共に、入店し1階で受付。身体の調子やアレルギー、特に疲れている箇所、シャワーの希望などを聞かれ、アロマオイルも数種類からチョイス。

Vanilla Spa2階フットマッサージスペース

Photo by バンコクスパ「バニラ」

階段を上り、フットマッサージスペースがある2階に案内されると靴を脱ぎ、スウェットのショートパンツに着替え。貴重品は鍵のついた小さなロッカーに預けられるので安心です。そして、足裏マッサージ60分がスタート。

光を落とした癒される空間の中、痛気持ちよい施術。時折、小さな声でスタッフ同士が話すタイ語の優しい音が、なぜだか子守唄みたいに感じるから不思議です。あっという間に時は過ぎ、終わってしまいました。もう少しだけ長くトリートメントを受けたい気分…。

Vanilla Spa 3階オイルボディマッサージスペース

Photo by バンコクスパ「バニラ」

次は、60分のオーガニックアロママッサージ。私達はフライトの後で汗を流したかったのでトリートメントの前にシャワーを浴びリフレッシュ。その後、先程の2階から3階のボディマッサージスペースにある2人用のお部屋に移動。(やはりボディマッサージは、リラックスした雰囲気の中で受けたいので、受付した際に個室をリクエストしておきました)

うつ伏せから始まり、途中で仰向けに。丁寧に全身をマッサージしていきます。オーガニックアロマオイルの香りは、身体だけでなく気持ちまで解きほぐしていくようです。が、やはりここはタイ。アロママッサージといえども、時々痛いと感じる事も。それだけ肩や首がこっている…ということですが。勿論、スタッフの方にリクエストすれば、トリートメントの途中でも強さは変えてもらえますので、ご安心を。最後は、タイマッサージでおなじみのアクロバティックなストレッチでフィニッシュ。

Vanilla Spa受付

Photo by バンコクスパ「バニラ」

施術後はお茶を頂き、デトックス。1階のお店はカフェにもなっていて、身体にいいスムージーなども楽しめるようです。

満足な2時間でした。さぁ、これでフライトの疲れも取れたし、そろそろお腹も空いてきたのでランチ&お買い物に出かけようと思います~♪

 

Vanilla Spa情報

vanilla spa

住所 : 10/9-10 Soi Sukhumvit 39, Sukhumvit Rd.,Klongton Nua, Wattana
公式サイト:https://vanillaspa-th.com/
口コミ情報:トリップアドバイザーで確認

 

日本語対応可/プロンポン駅徒歩5分の駐在者にも人気のスパ 手頃な価格で極上エステをを予約

場所もプロムポン駅から5分くらいのSoi39を入って少しいった右手にあり便利なので、お買い物や観光の途中に足を運んでは如何でしょうか。

スポンサーリンク